2018年02月27日

いつの間にか…

元々、ブログ更新が進まないのですが、更にご無沙汰してしまいました。年が明けてから、決して音楽活動を辞めていた訳ではないのですが、気が付けば2月も終わり…そろそろこちらも本腰を入れなければですね。

1月・2月は例年通り、学校関係の試験や入試などに追われていました。2月には、ピアノ四重奏の演奏会の機会を頂き、久々に大きな編成の室内楽を勉強しました。ブラームスのピアノ四重奏曲は、もはやシンフォニーを聞いているかのようです。


おかげさまで昨年は本当に忙しく活動をさせて頂いたのですが、その疲れがまだ残っているようで、2月後半からは自分自身を見つめ直したり、今まで出来なかった勉強を始めたりして、音楽に対する英気を養っています。


そんな中、今夜はヴァイオリンのドガレイユ 氏とパリ音楽院時代の師ルヴィエ先生のデュオを聴いてきました。先生に会うのは約一年ぶりですが、本当に変わらずお元気です。


先生に直接教わったプーランクのヴァイオリンソナタでは、思わず涙が溢れ…ラヴェルの遺作ソナタでは眩いばかりの色彩を感じ、改めてフランスへの念を強くした演奏会でした。叶うのならば、再びパリへ行きたい…


4月からはまた演奏会や学校関係が始まるので、それまでじっくりと自分と向き合い、音楽を作っていけたらと思っています。


3月1日には、紀尾井ホールにて二人の演奏会があります。フランス音楽の真髄に触れたい方はぜひ。
F51A9A21-4AF7-4835-8543-D3679077A2B7.jpg
posted by TS.com at 22:39| Comment(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする